社会貢献活動

2006.07.02(日)2006 第一三共株式会社共催Jリーグ選手協会ファミリーサッカークリニック(静岡)


開始前のロッカールームで説明を聞く選手たち。

スクールコーチは昨年まで現役だった沢登さん。
公認B級のライセンスを持っています。

雨が降りつける中、開会の挨拶を行ったのは
清水選手会長の山西選手。

掛川選手はドリブルシュートの担当。
GKならではのよく通る声で子どもを指導しました。

伊東選手はその技術で指導。
言葉よりも饒舌です。

「ドリブル練習で大切なのはシュート。
しっかりゴールを狙って打とう!」
いちばん大切なことを教える太田選手。

兵働選手のトスするボールをものすごい音を
立てて、右へ左へ蹴りわける財津選手。
子どもたちも釘付けです。

「ボールを良く見て。身体の反動を使って
それがヘディングの基本だよ」
優しい指導の山西選手。

「これだったら、教えることないなあ。
もう少し難しいヤツやる?」
兵働選手は教え上手で誉め上手。

明るいキャラクターの岩下選手も
最初は照れていましたが、
すぐに慣れてヘディングのコツを伝授。

「相手からボールを奪おうとする
気持ちが重要なんだよ!」
和田選手はハートの部分を伝えます。

選手の模範演技を食い入るように
見つめる子どもたち。この中から、
将来Jリーガーが出るに違いありません!

カテゴリ

アーカイブ

2018
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月