社会貢献活動

2012.12.27(木)チャリティーサッカー2012 ふれあい活動“グリーティングDAY” in 南三陸

宮城県本吉郡南三陸町にある志津川小学校でFC南三陸スポーツ少年団、志津川中学校らの子供たちと、岡山一成選手(札幌)、原口元気選手(浦和)、矢島慎也選手(浦和)、鈴木武蔵選手(新潟)、金園英学選手(磐田)の5選手がふれあい活動“グリーティングDAY”に参加しました。

南三陸は東日本大震災の被災地の中でも最も被害が大きかった地域の一つで、未だ復興には多くの時間が必要となっています。会場に向かう途中、3階建ての赤い鉄骨だけになった防災対策庁舎が目に留まりました。3階建ての屋上まで津波が覆い、多くの人が命を落とした場所で、当日も献花をする人が何人もいました。志津川小学校は高台に位置しているため、直接津波の被害は免れましたが、現在グラウンドの半分が仮設住宅となっています。

ふれあい活動は前々日の雪の影響と連日続く厳しい寒さの影響でグラウンド状況が悪く、今回は体育館を使用しました。FC南三陸スポーツ少年団のコーチが出迎えてくれ、震災当時の被害の様子などを語ってくれました。家ごと流された子供もいて、参加した子供の半数以上が仮設住宅で生活をしています。サッカーボールなどの支援物資は集まっているようで、コーチからは「大変助かっている」とのことでした。今、最も必要なものはグラウンドだそうで、冒頭にも述べたとおり、グラウンドの半分が仮設住宅となっているため、以前のように全体を使ってサッカーができないためです。他の学校に遠征することしかできないため、可能であればグラウンドがほしいと話していました。また、同時にゴールもないのでいつか設置したいと話していました。

ふれあい活動の前に岡山選手が他の選手を集め、今回の交流会の方向性について話し合いを行いました。その中で、まず元気よくサッカーの楽しさを共有することやプロサッカー選手になるために必要なことを伝えていこうとなりました。

選手たちの自己紹介でふれあい活動が始まり、選手を捕まえる鬼ごっこやストレッチなどでウォーミングアップは終了。ボールを使ったふれあい活動では、矢島選手がリフティングを披露することになりました。柔らかなボールタッチで数々のテクニックを見せ、子供たちも何度も挑戦した姿が見えました。岡山選手も挑戦しましたが、成功とはならず。ただし、岡山選手は「矢島選手のようなテクニックはないけど、僕は何十年もプロをやっている。誰でも長所や短所があると思うよ」とアドバイスを伝えていました。次に原口選手が「ドリブルは誰にも負けない自信がある」と得意のドリブルを見せ、子供3人を相手にキープする技術の高さを披露しました。鈴木選手と金園選手はストライカーらしい強烈なシュートを見せてくれました。前日のチャリティーサッカーで1得点を記録した鈴木選手は、力強いシュートを打ち、子供たちを驚かせていました。金園選手もダイナミックなフォームからシュートをしてくれました。

最後には4チーム(岡山選手はレフェリー兼MC)に分かれてミニゲームを開始。体育館の狭いエリアの中でのプレーとなりましたが、子供たちは持ち前の元気とテクニックでハツラツプレーをしていました。選手たちも3タッチという岡山レフェリーからの制限の中でもパスやドリブルで子供たちとの見事な連係を見せていました。得点が入った時にはチームみんなで喜び、最終的には原口選手のチームが優勝を飾りました。残念ながら最下位となってしまった金園選手チームは罰ゲームとして、金園選手が一発芸を披露。“ややウケ”という結果に終わりましたが、父兄の方々からも笑いがありました。

サイン会と写真撮影を最後に行い、ふれあい活動は終了。バスで帰る選手たちを子供を始め、父兄の皆さんが最後まで手を振っている姿も見え、非常に有意義な交流会だったと感じました。帰途に岡山選手が、「バスを降りてしっかり被災地を見たい」と話し、他の選手たちと防災対策庁舎に向かいました。

「僕たちがこの光景を目に焼きつけて、写真を撮り、みんなに伝えていかないといけない」
防災対策庁舎を前に、そう話した選手たちは、これからもサッカーをとおして被災地をの支援を続けていきます。

カテゴリ

アーカイブ

2018
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月