社会貢献活動

2012.12.27(木)チャリティーサッカー2012 ふれあい活動“グリーティングDAY” in 岩沼

12月27日(木)、宮城県岩沼市陸上競技場にて、『チャリティーサッカー2012 ふれあい活動“グリーティングDAY”』が行なわれました。

この地区は海岸線からも近く、大きな被害を受けた地域の一つ。当時を振り返り、岩沼市サッカー協会の佐藤会長は、「震災後に岩沼から離れざるを得ない子供もいましたし、当時は、サッカー大会どころか練習に子供たちを集めることも難しかった。ですが、最近は市内のチームで合同練習をやって、少しずつ子供たちも明るい表情になっている。選手には今後も子供たちが元気を取り戻すきっかけ作りに協力してほしい」と話していました。

会場となった岩沼市陸上競技場には、前日のチャリティーマッチでJAPANスターズの監督を務めたOB小倉隆史さんのほか、越後雄太選手(仙台)、中野洋司選手(横浜FC)、櫛引政敏選手(清水)、播戸竜二選手(C大阪)、東浩史選手(愛媛)、丹野研太選手(大分)の7名が参加。岩沼北中学校サッカー部の生徒のほか、市内で活動する5つの少年・少女サッカーチームに所属する115名とともにサッカーボールを追い掛けました。

ふれあい活動は小倉さんの元気な掛け声を合図に鬼ごっこからスタート。選手と中学生がコンビを組み、小学生を追い掛けました。このウォーミングアップで心と体がほぐれると、今度は“遊びの要素”を取り入れたボールの取り合いを行ないました。小倉さんが参加者全員が一緒に楽しめるメニューを取り入れたことで選手と子供たちはすっかり打ち解け、明るい雰囲気の中でふれあい活動は進んでいきました。

そして、ふれあい活動のクライマックスは選手と子供たちのミニゲーム。選手が随所にプロならではのテクニックを披露すると、見ている子供たちも“プロの技”に目を輝かせながら見入っていました。選手と対戦した感想を聞くと、「播戸選手がヘディングリフティングで相手を抜いていくプレーがすごかった!」と岩沼北中学校サッカー部の小高啓暉キャプテン。また、レッズ岩沼の山崎礼温くんは、「プロ選手は強いけど、いっぱい練習して大人になったらベガルタに入りたい!」と話してくれました。

こうして約1時間半のふれあい活動はあっという間に終了。最後に小倉さんが「みんなとサッカーができて楽しかったです。みんなも大きな夢を持って、これからも頑張ってください!」と“未来のJリーガー”に心温まるメッセージを送ってくれました。

カテゴリ

アーカイブ

2018
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月