社会貢献活動

2012.12.27(木)チャリティーサッカー2012 ふれあい活動“グリーティングDAY” in 釜石

12月27日(木)、岩手県釜石市の釜石フットボールセンター(仮称)で、『チャリティーサッカー2012 ふれあい活動“グリーティングDAY”』が行われました。釜石でのふれあい活動には、仙台に所属する地元岩手出身の藤村慶太選手、JPFA副会長を務めるFC東京の石川直宏選手、川崎の高木駿選手、岐阜の佐藤洸一選手、鳥取の三浦修選手とOB中田洋介さんが参加。選手たちは、釜石、大槌、大船渡の小学1年生から高校生までの男女計167人とふれあい活動を行ないました。

釜石市には、津波で浸水したり仮設住宅が立っていたりと、もともと運動ができるグラウンドなどだったところが8~9カ所ほどあるそうです。釜石フットボールセンター(仮称)は、釜石市だけではなく、遠野市や宮古市、大船渡市、陸前高田市などの地域の方々に利用してもらえる施設として、子どもたちが土日にサッカーなどを楽しめるようにFIFAの支援により建てられました。

グラウンド脇には雪が残る厳しい寒さの中で開催されたこの活動は、石川選手と藤村選手の挨拶でスタート。参加者が、年代や性別ごとにチームに別れ、選手を交えて試合を行いました。石川選手のドリブルを中学生がストップするなど、笑顔の見える中にも真剣さの残る白熱した試合となりました。試合のあとには、参加者全員が選手5人のサイン入り色紙を受け取り全選手と握手。最後に記念撮影を行い、ふれあい活動は終了しました。

《参加選手コメント》
◆藤村慶太選手(仙台)
「地元の岩手に来て、子供たちは震災の後でもとても元気だと感じました。その中で自分も一緒にサッカーをやって、逆に元気を貰いました。これからは、子供たちの目標になれるような選手になれるようにもっと頑張って、またここに来て一緒にサッカーして楽しみたいと思います」

◆石川直宏選手(FC東京)
「昨日、サッカーの力を改めて感じましたし、それを今度は子供たちと同じピッチの上で感じることができました。子供たちは思った以上に元気でした。確かに、気候は寒かったですが、来て良かったと僕らは思ったし、きっと子供たちもそう思ったくれたのではないでしょうか。継続的に訪れたいと思っています」

◆高木駿選手(川崎)
「子供たちがすっごい元気で、こんな寒い中でこんなに元気にサッカーをできるものなのかと思いました。こちらの子供たちがどのように過ごしているかは、僕たちはしっかりと知ることはできません。大変なことはたくさんあると思いますが、僕たちが一緒にサッカーをすることで皆が楽しそうにプレーしてくれていたし、僕たちが来て笑顔を増やすことができることはすごいうれしいことだと思います。機会があれば何度でも来たいと思いますし、皆に本当に頑張ってほしいと思います」

◆佐藤洸一選手(岐阜)
「始まる前に被災情報や、どのような被害があったかを聞いていました。でも、子供たちの笑顔は、そういうことを感じさせないようなもので、ほっとしました。それでも、大きな地震があって彼らは辛い思いをしたと思います。選手会は今後も継続して活動を進めていくので、こういう機会があったら、また参加したいと思います」

◆三浦 修選手(鳥取)
「高校の時はずっと青森山田高校でお世話になっていたのですが、震災があってから東北に来たのは初めてでした。自分の好きなサッカーで、震災支援活動に参加できたことは、自分のためにもなりました。これからも、支援活動に積極的に参加したいと思います」

カテゴリ

アーカイブ

2018
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月