社会貢献活動

2012.12.27(木)チャリティーサッカー2012 ふれあい活動“グリーティングDAY” in 宮古

宮古市民総合体育館(シーアリーナ)で行われた『チャリティーサッカー2012 ふれあい活動 “グリーティングDAY”』には、村上和弘選手(大宮)、山口慶選手(千葉)、大岩一貴選手(千葉)、飯尾一慶選手(東京V)、坂本紘司選手(湘南)の計5選手が参加しました。

会場となった岩手県の三陸海岸に面する宮古市は、東日本大震災により大きな被害を受け、約5万9000人の人口のうち約500人が命を失いました。また、約9000人が避難を続けています。特に沿岸部に位置する田老地区は津波により壊滅的な被害を受け、復興活動には多くの時間が必要とされています。選手たちが会場へ向かう途中には、多くの仮設住宅が設置されていました。

今回の活動には県北地区の中学校及び高校女子サッカー部の83人が参加。また、地元のサッカークラブ、グルージャ盛岡のスタッフと選手も駆けつけ、5人のJリーグ選手とともに子供たちと約1時間半、ミニゲームを楽しみました。

開会式では岩手県サッカー協会の佐藤訓文専務理事が挨拶をし、その後はグルージャ盛岡の鳴尾直軌監督が進行役となって、ミニゲームがスタート。5人は8つに別れたチームにそれぞれ加わり、プロならではの正確なパスやボールタッチ、鋭いシュートを披露しました。当初は緊張した表情を見せていた子供たちも、選手たちのプレーを前に、自然と笑顔に。山口選手がGKを務めると、プロ選手からゴールを奪おうと、必死にゴールを狙う姿が印象的でした。また、飯尾選手と坂本選手は子供たちと華麗なパスワークを見せ、会場を沸かせていました。

ミニゲーム終了後は記念撮影を実施し、サイン会を開催。サイン色紙はもちろん、サッカーボールやバッグ、学校のジャージなど、子供たちはそれぞれお気に入りの私物にサインをもらっていました。

子供たちは「プロの選手は基本のプレーがすごくうまかった」、「オフに入って本当は休みたい時期に、遠くまで来てもらって感謝しています」、「もっとうまくなりたい。こういう活動を続けていってほしい」など、選手のプレーに対する驚き、活動に対する感謝の気持ちを、笑顔で話していました。

《参加選手コメント》
◆山口慶選手(千葉)
「子供たちが元気にプレーしていたことが印象的でした。子供たちとはたわいのない話をたくさんしました。楽しそうにしてくれていたことが一番良かったと思います。こういう活動は続けていくことが大事だと選手はみんな思っています。サッカー選手という職業柄、一緒にボールを蹴ることが一番だと思うし、伝わりやすいと思うので、これからも続けていきたいです」

◆大岩一貴選手(千葉)
「みんな楽しくやってくれていたと思うし、自分自身もすごく楽しめました。最初は僕たちも子供たちも固かったですけど、途中から雰囲気も良くなったし、時間が経つにつれて笑顔が増えていったなと思いました。子供たちとは普通の世間話をしました。サッカーを通してできることはずっとやっていきたいです。みんなにはサッカーを続けていってほしいですね。子供たちの夢に少しでも刺激を与えられていたらうれしいです。夢があればどんどん前に進めると思うので。とにかくみんなが笑顔で過ごしてくれたらなと思います」

◆坂本紘司選手(湘南)
「子供たちも上手だったので、意外とハードでした(笑)。みんなすごく元気だったし、ボール一つあれば、あれだけ子供たちが溌剌とプレーするんだなと、僕も感心させられました。サッカーの素晴らしさを改めて感じられた機会になりました。僕たちが「ナイスパス!」、「ナイスシュート!」と言葉を掛けるだけで笑顔になってくれることがうれしかったですね。僕自身、セカンドキャリアを迎える今後にとって、すごく貴重な体験ができました。東北地方はもちろんですが、日本全国を対象にこういう活動を広げていけたらと思います。サッカー教室を開かなくても、「現地に赴く」ということが大事だと思います。現地に行かなければ分からないことがたくさんあると思うので。もっともっとたくさんの選手にこういう活動に参加してほしいですね。僕は湘南に帰って他の選手たちに参加を促したいと思います」

カテゴリ

アーカイブ

2018
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月