社会貢献活動

2013.12.27(金)チャリティーサッカー2013 ふれあい活動“グリーティングDAY” in 仙台

2013年12月27日(金)、仙台市立古城小学校にて、『JPFAチャリティーサッカー2013 ふれあい活動“グリーティングDAY”』が行われました。会場となった古城小学校のグラウンドには、この地域で活動する5つの小学生サッカーチームに所属する5、6年生約100名が集合。東北ならではの寒空の下ながら元気いっぱいに選手たちを迎えてくれました。

子どもたちと選手たちとのふれあいを見学に訪れた父兄の方に聞くと、「震災当初は大変な思いをした子どももいて、サッカーどころではない部分もありました。それでもこのところはボールを追い掛けるという子どもたちにとっての日常を取り戻している」そうで、少しずつではあるものの、子どもたちが安心してサッカーができる環境が整い始めている様子。

古城小学校には、石川直樹選手、佐々木勇人選手(ともに仙台)、岩政大樹選手(鹿島)、山口慶選手、栗山直樹選手(ともに千葉)、亀川諒史選手(湘南)、飯尾和也選手(松本)、櫻内渚選手(磐田)、杉本大地選手(京都)、呉大陸選手(岡山)、斉藤大介選手(徳島)、松本翔選手(愛媛)、田坂祐介選手(ボーフム/ドイツ)の13選手と、福田正博さん(OB)と福永泰さん(OB)が参加しました。

このグループのリーダーを務めた福永泰さんの「今日は少し寒いですが、寒さに負けないよう元気にサッカーを楽しみましょう!」というあいさつを合図に、ボールを使ったウォーミングアップからふれあい活動はスタートしました。始めは少し緊張気味だった子どもたちも「選手にボールをさわらせないように!」、「今のいい動きだったよ!」、「ナイスプレー、ナイスプレー!」といった選手たちの掛け声もあり、あっという間に緊張が解け、普段どおりの元気な姿が見られるようになりました。

ひととおり体が温まったところで、今度はチーム対抗のミニゲーム。各チームに選手が振り分けられて一緒にボールを追い掛け、ゴールを目指します。ただし、このゲームの目的はゴールではありません。福永さんのアイディアで勝敗のポイントは、“チームのまとまり”。すると、子どもたちはゴールのたびにオリジナルのパフォーマンスで“まとまり感”をアピール。選手たちも輪の中に入って、子どもたちと一緒にチームを盛り上げていました。

すっかり選手と心の距離が縮まった子どもたちは、選手たちのプレーに「ボールタッチがうまい!」、「両方の足で同じようにドリブルができててすごい!」、「どうやってもボールが取れない!」と目を輝かせながら、それぞれの思いを話してくれました。そして、ミニゲームのクライマックスは選手チームとのエキシビションマッチ。福永さんがまとまりを感じた2チームが子どもたちを代表して選手たちと対戦し、随所に公式戦さながらの真剣なプレーを披露して会場を盛り上げてくれました。

最後に選手一人ひとりから子どもたちに心温まるメッセージが送られ、『JPFAチャリティーサッカー2013 ふれあい活動“グリーティングDAY”』は終了。限られた時間とはいえ、参加した子どもたちはめったに味わえない選手たちとのふれあいを満喫した様子で会場を後にする選手たちを送り出してくれました。

≪選手コメント≫
◆石川直樹選手(仙台)
「普段は仙台にいながら、こういった活動は数えるぐらいしかできませんでした。これからはこういう活動をもっと増やしていかなければいけませんし、少しずつですが、子どもたちの笑顔を増やすために頑張っていきたいと思います」

◆佐々木勇人選手(仙台)
「今日は子どもたちにたくさんパワーをもらったので楽しかったです。今回は来られなかった子どもたちも仙台でプレーしているので、ぜひスタジアムに来てもらってサッカーを楽しんでもらえればなと思います」

◆岩政大樹選手(鹿島)
「今日は子どもたちが元気を出してくれて僕らは楽しい時間を過ごせました。個人的には、こうやって足を運んで面と向かって同じ時間を過ごす大切さを感じるので、子どもたちにサッカーの試合をスタジアムに見に来てもらって、僕らもまた来られるときに一緒にサッカーをしたいと思います。サッカーを好きな仲間として、またどこかでボールを蹴りたいと感じました」

◆山口慶選手(千葉)
「僕は今年で3回目の参加だったのですが、毎年子どもたちの元気な笑顔を見られて、来た意味があったと思います。またこういう機会があったら参加したいと思います」

◆栗山直樹選手(千葉)
「今回は被災地の子どもたちとふれあうということで、子どもたちは震災を受けてつらい思いをしたと思いますが、それに負けずに元気な姿を見せてくれました。今日は来られなかった子どもたちも復興に向けて頑張っている最中だと思いますので、復興の手助けになればと思ってやらせてもらいました。今後も少しでも力になれればと思っています」

◆亀川諒史選手(湘南)
「今日は短い時間でしたが子どもたちから逆にパワーをもらいました。被災地ということだったのですが、そんなことを思わせないような元気ぶりでパワーをもらったと思います。今回、来られなかった子どもたちのためにもこれからもこういう活動は続けたいですし、またそういう機会に皆さんと一緒にサッカーで楽しめたらいいと思います」

◆飯尾和也選手(松本)
「なかなか仙台の復興のお役に立てていなかったので、少しでも子どもたちが元気になる力になれてすごくうれしいですし、自分自身も力をもらいました。復興は簡単にはできないと思うので、継続的にこういう活動をすることによって、少しでも力になれればいいと思っています」

◆櫻内渚選手(磐田)
「今日参加してくれた子どもたちはみんな元気で明るく一生懸命にサッカーをやっていたので、その姿が見られて良かったです。今回は来られなかった子どもたちもいますが、またどこかで会う機会があると思うので、そのときにまた一緒にサッカーを楽しみましょう。ありがとうございました」

◆杉本大地選手(京都)
「今回こうやって被災地でのサッカー教室に参加するのは初めてだったのですが、子どもたちみんな元気で逆に僕たちがたくさんの元気をもらった気がします。これからは僕たちがプレーで子どもたちを元気づけられるように頑張っていきたいと思います」

◆呉大陸選手(岡山)
「僕自身も中学、高校と福島で生活をしていて被災を受けたことがあります。今回初めて被災地の子どもたちとサッカーをすることができて、徐々に復興できているのを実感しましたし、少しでも力になれたのかなというのを感じました。これからも何かできることがあれば少しずつ協力していけたらと思います」

◆松本翔選手(愛媛)
「これまでに何回か被災地でサッカー教室をやったことがあるのですが、今回も子どもたちが本当に楽しそうにサッカーをやってくれて、そういう時間を共有できて楽しかったです。今回は来られなかった子どもたちのためにも、また機会があれば東北に来たいです。今日一緒にサッカーをした子どもたちから何年後かにプロの舞台でも一緒にサッカーをやれたらいいと思います」

◆田坂祐介選手(ボーフム/ドイツ)
「今日は寒い中いろいろな子どもたちとふれあえて自分もとても元気をもらいましたし、単純にサッカーがうまい子どもたちがたくさんいてびっくりしました。また機会があれば東北に足を運びたいと思いますし、またこうやって会えるのを楽しみにしているので、今日は来られなかった子どもたちもいっぱい練習して、またサッカーをする機会があったときに一緒にできたらいいなと思います」

◆福田正博さん(OB)
「子どもたちが非常に元気で、寒い中でしたが、みんなサッカーを好きなんだなというのを感じました、見ていてとても楽しそうにやってくれていたので良かったですね。また選手たちも一緒になって真剣にサッカーに取り組んでくれたので、非常にいい時間が過ごせたと思います。来られなかった子どもたちのためにも、現役選手と一緒にプレーする機会はなかなかないと思うので、またこういう機会を作ってあげられたらいいと思います」

◆福永泰さん(OB)
「今回も選手の皆さんがよくやってくれました。選手は大変だったと思いますが、僕個人はとても楽しめました。子どもたちも選手の元気に乗せられて自分たちの持っている元気を表に出せたと思いますし、時間が過ぎるのが本当にあっという間という感じでしたが、有意義な時間を過ごせました。今回は来られなかった子どももいると思うので、もっとこういう機会を作れればいいと思います。微力ながら僕たちが活動している一環としてやらせてもらっていますが、サッカーがこの先の生活の中に少しでも光るものになって、そこで自分が役立てることがあれば非常にうれしく思います。また、サッカーを通して僕らも何ができるかということを考えるきっかけになったと思います」

カテゴリ

アーカイブ

2020
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月