ニュース

2011.12.13(火)2011 JPFAトライアウト

12月13日、「JPFAトライアウト」がフクダ電子アリーナで開催されました。
J1とJ2をそれぞれ東西に分け午前、午後の部で行い、参加者はランダムでポジション別に振り分けられ、40~45分(一部選手は2試合)のゲームに出場しました。プレー機会が少ないGK陣には、試合前にGKテスト(7対7のゲーム形式)を実施しました。

名 称:2011 JPFAトライアウト
主 催:一般社団法人 日本プロサッカー選手会
協 力:社団法人日本プロサッカーリーグ
開催日:2011年12月13日(火)
会 場:フクダ電子アリーナ

参加データ12/13(火)
フィールドプレーヤー68名
ゴールキーパー9名 
関係者スカウト208名 
メディア43名 


受付を行い、ロッカーへ向かう選手たち。

ロッカールームでそれぞれが準備を行います。

参加選手が集まりオリエンテーションから始めます。

7対7のゲーム形式となったGKテストの前に念入りな準備。

100名を超えるスカウトが選手をチェックします。

45分のゲームでは激しくぶつかり合います。

普段のプレーを心がける選手たち。

試合後はお互いの健闘を称えます。

試合後はベンチで他のゲームを見る選手たちも。

取材対応する市川大祐選手(甲府)。

試合後は選手とスカウト陣が一堂に集結。

取材対応する佐田聡太郎選手(草津)。

 

カテゴリ

アーカイブ

2019
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009