ニュース

2012.12.05(水)『ファウストA.G.アワード2012 JustGiving特別賞』を受賞

日本プロサッカー選手会が昨年実施した「JPFAクリスマス・チャリティーサッカー2011」(2011年12月22日、23日/岩手、宮城、福島県で開催)における東日本大震災に対する復興支援活動が評価され、「ファウストA.G.アワード2012 JustGiving特別賞」を受賞しましたので、お知らせいたします。
ファウスト・アドベンチャラーズ・ギルド(以下FaustA.G.)とは、「冒険、挑戦、貢献」をテーマに活動しているクラブです。FaustA.G.では、ファウスト・プロジェクトのコンセプトや生き方に賛同していただいたメンバーや、理想とする人物像を「Faust」と称し、新しい人生観に出会うような、かけがえのない体験を企画、実践。メンバーの皆様の奥行きのある豊かな人生=「ファウスト的ライフスタイル」の創造をサポートしています。
今回、日本プロサッカー選手会が受賞した「ファウストA.G.アワード2012 JustGiving特別賞」は、FaustA.G.と英国発ファンドレイジングサイト「ジャスト・ギビング・ジャパン」がコラボレートした特別賞で、過去1年間の中で、特に目覚ましい「挑戦と寄付」を行った団体を表彰する賞です。

■ファウストA.G.アワード2012 JustGiving特別賞概要
○名称 ファウストA.G.アワード2012 JustGiving特別賞
○受賞理由 東日本大震災の復興支援活動として2011年12月22日、23日に開催した「クリスマス・チャリティーサッカー2011」が過去1年の中で特に目覚ましい「挑戦と寄付」を行った活動だと認められたため。
○受賞団体 一般社団法人日本プロサッカー選手会
○出席者 都倉賢(ヴィッセル神戸支部長)
○受賞者の条件 表彰年の前年10月1日から同年10月31日までを1年とし、過去1年間の活動が対象。「冒険」、「挑戦」、「貢献」の分野で、敬意を払うべき活動を行った世界中の冒険家、挑戦者、社会貢献活動、個人および団体。
○選考方法 ファウスト会員、各チームキャプテン、特別審査員、運営事務局の推薦を元に候補者が選ばれる。公式ウェブサイトにて候補者の公募も行う。候補者の中から、「ファウストA.G.アワード審査委員会」(キャプテン、特別審査員、運営事務局で構成)が厳正な審査を行い各賞を決定。

カテゴリ

アーカイブ

2019
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009