JPFAの取り組み

仲介人制度

FIFAの決定に基づき2015年3月末にて選手エージェント制度が廃止され、2015年4月より新たな制度である「仲介人制度」が日本でも導入されました。これによりそれまで発行されていた選手エージェントのライセンスは無効となりました。
仲介人制度では、選手やクラブは、選手契約や移籍合意の交渉に際して、第三者(これを「仲介人」と言います)を関与させた場合、日本サッカー協会に登録しなければなりません。
仲介人制度では、選手やクラブにより強い責任と義務が課されることになります。選手やクラブが仲介人に関する登録手続きを怠った場合は、その選手やクラブ には懲罰が科されることになります。それに加え、仲介人が各種のルールに違反した場合は、その仲介人に懲罰が科されるのはもちろんですが、選手やクラブも 連帯責任を負い、選手やクラブにも懲罰が科されることになります。選手やクラブの皆さんが、選手契約や移籍合意の交渉において仲介人を関与させるのであれ ば、その選定にあたっては十分にご注意いただく必要があります。
なお、日本国内では、上記の(選手およびクラブによる)個別登録に加え、仲介人になろうとする者が、自ら日本サッカー協会に事前に申請して、登録しなけれ ばならない制度(仲介人登録)を設けました。選手やクラブは、選手契約や移籍合意に仲介人を関与させる場合には、その仲介人が事前に日本サッカー協会に登 録されているかを確認することが求められます。

仲介人の登録状況、リストについては、日本サッカー協会の登録リストが最新の情報となります。
登録完了している仲介人については下記のリストを参照して確認してください。