JPFAとは

理念

日本プロサッカー選手会とは…

日本国内のサッカークラブに所属するプロサッカー選手(一部の外国人選手を含む)と海外のサッカークラブに所属する日本人プロサッカー選手が会員となっている組織です。

川淵三郎Jリーグチェアマン(当時)の呼びかけに応じて、プロサッカー選手の立場で活動し発言する組織として、1996年4月にJリーグ選手協会が設立されました。その後、2010年11月に日本プロサッカー選手会と名称を変更し、Jリーグでプレーする日本人選手だけでなく海外のプロサッカークラブに所属する選手も加入し、日本のプロサッカー選手を代表する組織として生まれ変わりました。選手の地位向上に関する問題への取り組みのみならず、全国各地でのサッカークリニックや各種チャリティー活動など、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

理念

日本サッカー界のトッププレイヤーとして、豊かなサッカー文化の普及及び振興に寄与すると共に、相互扶助の精神に基づき、プロサッカー選手の社会的、経済的地位の向上を目的とする。

  • サッカー文化の普及と振興を目指す
  • 社会に貢献する活動を行う
  • プロサッカー選手を取り巻く環境の改善に取り組む
  • 国内外のサッカー関係団体との交流
  • ファンサービスの周知徹底